海外のFX業者の違いは|初心者でも株式で成功を収められる|今すぐトライ
財布

海外のFX業者の違いは

スーツの人

海外のFX業者とは

FX業者といえば国内の金融先物取引業者や証券会社、銀行などが主な選択肢ですが、FXで確実に稼ぐことができるようになった場合には海外fx業者も選択肢のひとつに入ります。現在、日本のFX取引ではさまざまな規制がされており、その代表的なものがレバレッジ規制です。レバレッジは預けた証拠金の倍率を示すもので、国内では個人は最大25倍、法人でも最大100倍に制限されています。このため国内で個人がFXを始める場合にはドル円の通貨ペアで標準的な1万通貨単位の取引では最低でも5万円程度の資金が必要になります。海外fx業者では個人でも100倍を超えるところもありますし、最大で3000倍まで設定できるところもあり、より少ない資金でトレードを行うことができます。

比べるポイント

海外fx業者といっても多くの会社があります。海外fx業者を比較するさいのポイントはスプレッドとスリッページです。スプレッドはFXにおける手数料のようなもので小さいほど有利です。またスリッページは約定の価格差のことで、狭いほど思った価格での約定が可能になります。また海外fxでは保全されないといったリスクがあるように思われがちですが、日本のfx業者と同じく信託保全を行っているところもあり、信託保全を採用しているところは比較的安全な業者と言えます。また日本語に対応している業者を選ぶことで比較的簡単に講座開設をすることができますし、円口座に対応していれば、海外送金時の交換レートを気にする必要がありません。いずれにしても日本人向けに対応しているものであれば日本の業者と比較しても使い勝手も違いなくスムーズに取引が行えます。